法務メディカルセンター

鑑定事例紹介

Appraisal results

鑑定事例紹介

A脊椎の鑑定事例紹介
事例1頸椎ヘルニア
事案概要
頸椎ヘルニアで自賠責から非該当の認定を受けたため、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
単に画像所見が認められるか否かを指摘するにとどまらず、自覚症状が当該画像所見から説明可能であり、後遺障害14級9号の認定基準を満たすことを丁寧に説明したことで等級認定されるに至りました。
鑑定結果
非該当→14級9号
事例2頸椎ヘルニア
事案概要
頸椎ヘルニアで自賠責から14級9号の認定を受けていたところ、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
特に「左手のしびれ(母指、示指)」などの自覚症状と整合するC6/7レベルでの左有意の椎間板膨隆や椎間孔狭窄による神経根への圧迫の変性所見の存在を指摘したところ、他覚的に神経系統の障害が証明されたものとして12級13号が認定されるに至りました。
鑑定結果
14級9号→12級13号
事例3脊柱圧迫骨折
事案概要
主治医も自賠責も脊柱圧迫骨折の所見を見落とし、非該当の認定を受けたため、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
当社の放射線科専門医による鑑定によって圧迫骨折の画像所見が新たに発見され、11級7号が認定されるに至りました。主治医及び自賠責が骨折所見を見落とすような難易度の高い事案であっても、読影のプロである放射線科専門医が鑑定すれば有意な画像所見が発見される可能性があることを示す事案といえます。
鑑定結果
非該当→11級7号
B足膝関節の鑑定事例紹介
事例4脛骨遠位部骨折
事案概要
バイク事故により脛骨遠位部を骨折した患者が痛みが残存していたものの、自賠責から非該当の認定を受けたため、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
骨折による転移が小さくなかった事案であるにも関わらず、自賠責では癒合不全などの他覚的的所見に乏しいとして非該当と判断されていました。当社の整形外科専門医が、臨床経験に基づき、「右膝のつっぱり感、重い感じ、階段ののぼり時の違和感」といった症状が受傷を契機に発症したと考えられる旨の鑑定意見を述べたところ、異議申立手続において他覚的所見が認められました。
鑑定結果
非該当→14級9号
事例5膝関節
事案概要
乗用車運転の女性が加害車両に追突されたため、激しく横転し膝を受傷するにいたったが、自賠責から右膝治療について通院実績が乏しいとして自覚症状と事故との相当因果関係が否定されて非該当の認定を受け、数度の異議申立てを経て訴訟となった事案
鑑定のポイント
当社の整形外科専門医が、ⅰ)継続的に右膝の痛みを訴えていたこと、ⅱ)画像所見上、内側半月板損傷及び軽度の関節内水腫が認められること、ⅲ)画像診断の遅れは初期の治療段階では骨折の有無の確認を優先させたといえること、ⅳ)軟骨の変性等がないことから、内側半月板は変性断裂ではなく外傷性断裂である可能性が高いこと等を指摘したところ、各事項につき判決理由で採用され、14級9号の認定を受けることができました。
鑑定結果
非該当→14級9号
事例6足関節
事案概要
バイク乗車中の被害者が信号待ちのため停車中に後方より自動車に衝突されて右足を受傷した事案において、自賠責から受傷箇所の神経症状の残存につき12級13号は認められたものの、右足関節機能障害については非該当との認定を受けたため、当社鑑定意見書を用いて異議申立手続を行った事案。
鑑定のポイント
整形外科専門医が、鑑定意見書において、右足楔状骨間及び右リスフラン関節の不安定感及び疼痛が残存し、これらにより荷重歩行が困難となり、右第4中足骨の疲労骨折を来し、右足関節の可動域制限が再燃したという可動域制限の機序を説明したところ、これが自賠責に採用されて右足関節機能障害につき12級7号が認定され、既に認定されていた12級13号と合わせて併合11級が認定されるに至りました。
鑑定結果
非該当→12級7号
C肩関節の鑑定事例紹介
事例7右肩関節
事案概要
交通事故により右肩関節を受傷したが、自賠責から残存した疼痛につき他覚的証明がないとして非該当の認定を受けたため、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
主治医及び自賠責が見落としていた「多量関節液を伴う棘上筋腱の関節側小部分断裂」の画像所見を放射線科専門医が指摘した結果、自賠責で当該画像所見の存在が認められ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号が認定されるに至りました。
鑑定結果
非該当→12級13号
D頭部の鑑定事例紹介
事例8頭部
事案概要
高次脳機能障害で自賠責から9級10号の認定を受けていたところ、当社鑑定レポートを用いて異議申立手続を行った事案
鑑定のポイント
当社の脳神経外科専門医が医療記録を精査し、意思疎通能力、問題解決能力、社会行動能力(協調性等)が相当程度失われていることを丁寧に説明した結果、軽易な労務以外の労務に服することができないものと認められ、7級4号が認定されるに至りました。
鑑定結果
9級10号→7級4号

各検査・専門用語の解説

レントゲン検査単純X線撮影、XP

レントゲン検査は、X線を体に照射して写真を撮る検査です。
対外から照射されたX線が体内を通過する時、骨や体の臓器などによって吸収されるX線の量は異なります。レントゲン検査はこのX線の吸収の差を利用して画像を作ります。例えば、X線を吸収する骨は白く写り、吸収しにくい肺は黒く写ります。
レントゲン検査は、主に骨や肺の病変を描き出す画像診断として積極的に利用されています。外傷の有無を検討するのに有用であるため、交通事故のむち打ち損傷の患者について第一に実施されます。

CT検査コンピューター断層撮影、Computed Tomography

CT検査は、X線を使って身体の内部(断面)を撮影する検査です。
骨組織、軟部組織の構造の描出に優れていますまた、体内の様々な病巣を発見することができ、特に大動脈、気管支・肺などの胸部臓器、肝臓、腎臓などの腹部臓器の描出に優れています。
骨組織や血管構造を3D表示することも可能です。造影剤を使わずに撮影を行うものを単純CT、造影剤投与後に撮影を行うものを造影CT(CECT)と呼びます。

MRI検査磁気共鳴画像、Magnetic Resonance Imaging

MRI検査は、磁気、電磁波、そして水素原子の動きを利用して体の臓器や血管の状態を確認する検査です。体内に磁場をかけて水素原子に振動を与え、そこから発する共鳴エネルギーをコンピューター処理して画像化することから、水分の多い軟部組織の抽出に優れています。特に脳、脊椎、四肢、また子宮、卵巣、前立腺等の骨盤腔に生じた病変に関して優れた描出能が知られています。
MRI画像は、一般にT1強調画像とT2強調画像の2種類をセットで撮影します。T1強調画像は、水分が黒く描写され、身体の解剖学的な構造が見やすい画像となります。T2強調画像は、水分が白く描写され、輪郭がはっきりした画像となります。

コンピューターX線撮影CR、Computed Radiography

コンピューターX線撮影は、コンピューターでの画像処理を前提としたレントゲン検査(X線撮影)です。
従来のレントゲン検査では、X線をフィルムに焼き付けて画像を作っていましたが、コンピューターX線撮影では、X線検出器上に電子画像を生成します。現在では、ほぼすべての領域でコンピューターX線撮影が採用されています。

椎間板造影検査ディスコグラフィー

椎間板造影検査は、椎間板内に穿刺して造影剤を注入することにより、椎間板の形状から破壊・位置異常を調べる検査です。
これにより椎間板の変性の度合いやヘルニアの部位などを診断することができます。
現在ではMRIなどの画像検査の進歩にともない、以前ほど行われていませんが、MRIでは診断の難しい外側ヘルニアや椎間板性の疼痛などの診断を行うことができます。

脊髄造影検査ミエログラフィー

脊髄造影検査は、頚椎又は腰椎を穿刺して造影剤を脊髄腔内に注入し、X線でその拡散の様子を透視・撮影する検査です。
これにより様々な原因による脊柱管内の神経組織の圧迫や狭窄の位置や程度を評価することができます。MRIではリアルタイムに前後・左右に屈曲・伸展させた時の髄腔の変化を撮影することができないため、有用とされています。 造影された状態でCTを施行することで神経根の近位も描出が可能となり、圧迫性病変の診断に役立ちます。

拡散テンソル画像検査DTI

拡散テンソル画像検査は、MRIの拡散強調画像で得られたデータを使って、脳内の神経線維に沿った水分子の拡散の動きを画像化することにより神経線維の状態を推定する検査です。

SPECT検査単一フォトン放射断層撮影

SPECT検査は、体内にトレーサー(放射性同位元素)を注射して特定の臓器に分布させ、体内から放出されたガンマ線を検出することで、臓器血流(脳など)や機能を評価することができます。

PET検査陽電子放射断層撮影

PET検査は陽電子(ポジトロン)を用いますが同様の方法で、体内の糖代謝の強い部分(癌など)を検出することなどができます。これらはCTと組み合わせることによって、より正確な病巣の把握が可能となります。